着物の季節

こんにちは。熊本で中古着物やと主婦をしておりますまつだです。

着物着たーい!と思っても、いつでもなんでも来て良いわけではありません。

着物を着るときには、季節のルールがあります。

今月7月と8月は夏着物。

9月は単衣の着物。

単衣は裏地がない着物

10月から5月までは袷の着物。

そして6月はまた単衣の着物です。

しかしながらここ数年、どんどん熱くなってきてますよね。冬は昔ほど寒さを感じない日が多い気がします。

というわけで着物のルールも変わりつつあります。

単衣の着物は5-6月と9-10月くらい。

夏着物もフライング気味でOKだったり。

今は夏着物の季節です。

夏着物は薄物といって透ける着物です。絽や紗などがあります。

絽の着物。
透けてます。

とはいっても夏に着物は暑い(>_<) 着てるそばから汗がしたたり落ちることもしばしば。正絹であればお洗濯も自宅では難しいですよね。

なので最近は浴衣を夏着物として着ることも多いです。

今の浴衣は変わり織りのものが多くて、昔のような藍色に朝顔柄などの「THE 浴衣!」といった感じは少なくなってきてますね。

下に夏用の襦袢を着れば、浴衣を夏着物として着ることが出来ます。足袋も履いてね♪

帯は半幅帯で十分だと思います。

今は浴衣でお出掛けされる方も多いですね。

本来浴衣は「湯帷子 ゆかたびら」と言って湯上りに家で着るものでした。

でも今は気軽に外でも着ることが出来ます。

スカーフ柄浴衣
トンボ玉付きの帯締め

うちに来られるお客様でも、「浴衣くらいなら着られるんだけど…」とおっしゃる方も少なくありません。

浴衣は気軽にチャレンジするのにぴったりです!

今年はいろんなお祭りが中止になって寂しい限りですが、ふらっと浴衣でお出掛けもお勧めです(^^♪