夏の着物

こんにちは。熊本で中古着物屋をしていますまつだです。

着物の季節のところでもお伝えしましたが、夏着物の着用時期は七月八月です。

薄物とも言いまして、主に透ける着物のことを指します。

青色一つ紋絽色無地

代表的なものに、絽と紗があります。

はとても分かりやすいです。簡単に言うと横シマのように段々に隙間があります。

横糸奇数本ごとに縦糸をねじっていくので、ねじられた部分は横糸がくっつかず隙間ができるのです。

本来は3本絽、5本絽のように定期的に隙間ができるんですが、上の写真の着物は「変わり絽」といってランダムに隙間を入れたものです。

は、全体的に透けています

毎回縦糸をねじるので、隙間が均一に入るからです。

紗の方が透け感が強いのでどちらかというとカジュアルよりですね。

千鳥に立涌(たてわく)

絽の着物の方がフォーマルに向きます(*^^)v

このほか、麻の着物などもありますが、中古でほとんど出ないです。

あつらえるととんでもない高級品に!

沖縄の芭蕉布などもあこがれの着物ではありますが、国の重要無形文化財ということもありとても手が出せる代物ではありません(-_-;)

最近は浴衣もただの綿素材でなく、変わり織りのものが増えてきてるので、それらを夏着物として着ることもあります。

綿紅梅の浴衣

その場合は夏物の襦袢(半襟も夏物)と足袋を着用します。

とはいえ、夏着物はなかなか着ないですよね…

まず着物という時点で暑いし、汗かいてもおいそれと洗えないし、今は化繊の夏着物も出てますが、化繊はめちゃくちゃ暑い(>_<)

その点正絹は肌触りが最高で通気性・速乾性に優れているのでまさに夏向き?

夏着物をさらりと着こなして、日傘でもさし涼しげな顔で凛としてたたずむ。

そんな女性になりたい・・・(T_T)