九州全域大雨災害

今日も洪水が心配されるような大雨が降りました。

この一週間、気が休まる暇がありません。

一週間前の衝撃的なニュース、あの美しい人吉市球磨川流域があんなことになると誰が予想したでしょう。

50年ほど前にも河川の氾濫があったようですが、今回はさらに高いところまで水位が上がったようです。

一瞬にして目の前まで水が来た時の恐怖、想像を絶するものだと思います。

同じ県内にいながらなすすべもなく、古タオルが必要という記事をface bookでシェアしたところ、兵庫県に住む友達がすぐに送ってくれました!本当にありがたかった。

ふかふかのきれいなタオルありがとう!

必要なところに届けます。

ボランティアにしても、手伝いに行きたい、物資を届けたいという気持ちはあるけども「人が行くと緊急車両が通れなくなる」「渋滞する」「物資が余ると大変」などネガティブな発言が気になってしまいます。

そんなこと考えてる暇があったら行動を起こした方がいいのか、気合だけで行動されても現場は困るかもしれないといったん冷静になった方がいいのか。

こういうすぐに決断できないところが、私の悪い癖です・・・

何かしらの支援はします。みんなが優しい気持ちで対応していけば気持ちは繋がるはず。

球磨川河川敷にはツクシイバラの群生地があり、地域の方々はとても大事にされていました。

毎年見ごろを迎えるといろんなイベントがあったようですが、今年はコロナ禍ですべて中止。

残念に思いながら私は平日の昼間、人の少ないときに見に行きました。

可愛らしい薄ピンクの花々が、広範囲にわたって咲き誇っていました。

あの辺りもニュース映像を見る限り、一面水につかってしまったようです。胸が痛いです。

まだまだ雨が降り続いていて予断を許さない状況ですが、一日も早く被災された方々が安心して暮らせますように。